遺言はなぜ必要か?

1.遺言は,思いどおりの相続を実現するための手段!

遺言では個々の相続財産について,相続人の間でどのように分けるのかを決めておくことができます。

分け方も被相続人の自由に定めることができます。たとえばある相続人については多めに,ある相続人については少なめにというように,財産を分けることもできます。

さらに,相続人以外の方に財産を分けることもできます。

2.「争族」を防ぐ手段!

遺言を作らない場合,相続が開始すると,財産の分け方を決めるために,遺産分割協議をしなければなりません。

協議がスムーズにまとまる場合は良いのですが,まとまらない場合,遺産の分割方法を巡って,調停や審判で長期間にわたって争われることも,しばしばあります。特に,事業を承継させる必要がある場合には,いったん紛争が起きてしまうと,事業に支障をきたし,事業を続けることが困難になり,最悪廃業になることもあります。

そのような「争族」を無くすためには,遺言を作ることが大切です。

遺言を作ることで,遺産の分割の仕方をあらかじめ決めることができ,このようなトラブルを事前に避けることができます。


詳しくは,相続・遺言専門サイト「相続・遺言トータルサポート」をご覧ください。

遺言の作成について

遺言書には大きく分けて「自筆証書遺言」,「公正証書遺言」,「秘密証書遺言」の3種類に分かれます。

それぞれに特徴がありますので,よく理解することが必要です。

1.自筆証書遺言

自筆証書遺言とは,自分で全文,日付,氏名を自書することにより,作成することです。

しかし,自筆証書遺言を作るにあたっては,法律のルールを守る必要があります。 

たとえば,遺言書を訂正のために書き換える場合でさえ,法律はルールを設けています。

このようなルールを守らなければ,せっかく作った遺言も,無効とされてしまいます。

また,遺言の文言次第で,遺言の内容が実現されなかったり,スムーズに実現されなかったりすることもあります。

2.公正証書遺言

公正証書遺言とは,公証役場に手数料を支払い,公証人に遺言を作ってもらう遺言書です。

公証人の面前で,一定の手続に従って作成されますので,遺言が無効とされる危険性は低いといえます。

ただ,公正証書遺言については,証人が2人必要ですから,秘密保持の点で不安があるとされています。

また,公証人を呼んで,一から遺言を作っていくということはあまりなく,あらかじめ遺言の原案を作ってから,公証役場へ行き,手続を進めることが多いです。

3.秘密証書遺言

秘密証書遺言とは,内容を公証人にも秘密にしたままで,公証役場で遺言を作成する方法です。

秘密証書遺言は,自筆証書遺言と異なり,遺言者の署名押印があれば,自書である必要はないので,ワープロ等を用いても,第三者が筆記したものでも構いません。

秘密証書遺言は,遺言書が遺言者本人のものであることが明確にでき,内容も秘密にすることができます。

しかし,公証人が中身を確認しませんので,遺言書の内容に法律的な不備があった場合等には無効となる危険性があります。

また,公証役場で公証人を利用しますので,作成する手続の時間と費用がかかります。


詳しくは,相続・遺言専門サイト「相続・遺言トータルサポート」をご覧ください。