記帳代行とは

記帳代行とは,会計帳簿の作成に必要な資料を提出することで、記帳代行会社がお客様に代わって会計帳簿を作成するサービスです。

法人でも個人でも,事業をしている方は,税務申告や経営状態の把握のために,伝票や請求書等をもとに取引を記帳する必要があります。

しかし,日々の本業をこなしながらの記帳事務は会計・税務の知識があっても時間がかかりますし,大変な労力が必要です。

あとで,まとめて記帳しようと思っても,あまりの多さにげんなりとなった方も多いと思います。

その面倒な事務を,専門家に外注することができます。

詳細につきましては記帳代行専門サイト「記帳代行.com」をご覧ください。

記帳を外注することのメリット

(1)記帳業務から解放され、経営・営業に専念いただけます

机の上や引き出しの中にある,請求書や伝票等を記帳する面倒な業務をしなくて済むので,社長や社員が本業に専念できます。

(2)従業員を採用するよりコストを抑えられます

一人の正社員を雇うだけで約20万円/月かかり,またパートの方を雇うだけでも約10万円/月がかかります。

しかし,記帳事務を外注すれば1,000円~/月(税別)で足り,従業員を雇う場合と比べて,最大10分の1以下の費用で大幅なコスト削減が図れます。

(3)高い経理処理サービスが期待できます

専門スタッフが帳簿入力をしますので,各記帳手続を適切に判断し,正しい処理が行われます。

記帳代行業務に魅力を感じられた方は,記帳代行専門サイト「記帳代行.com」をご覧ください。